託児所付き病院への転職

院内託児って本当に育児と仕事の両立がしやすいの?

4月 20th, 2015

ryouritu最近では保活と呼ばれる
活動があると言われています。

これは、出産を経て育児をしながら、
会社などに勤める女性が、
子どもの預け先を確保する為の活動です。

 

女性の社会進出が進むにつれ、
保育施設が足りない状況が続き、
預け先に困っているという人が増えているんです。

看護師はまさに女性が多い職場で、
保活に悩むという看護師は多くいます。

 

でも、看護師の場合には、
もともと人材不足ということもあり、
なお一層復職が望まれていますよね。

でも、預け先がないから復職できない。
という人が多いのでは困ります。

 

そこで、病院施設の近隣に託児所を完備していたり、
病院内に託児施設を完備している。

という病院が増え、
ママ看護師でも育児や家事との両立がしやすい
環境づくりをしています。

 

院内託児がある環境が
どのくらい育児と仕事の両立がしやすいのか。

というと、やはり預かってくれる時間。
というものがありますよね。

 

一般の保育園などでは、
預かり時間に限りがありますし、
子どもが病気をした時には預かってはもらえません。

院内託児の場合には、
勤務に柔軟に対応する保育時間が設定され、
さらに病児保育を行っているケースも多くみられます。

 

職場と託児施設の距離も近いので、
近くに子どもがいるという安心感もありますよね。

近くに子どもがいるという事だけでも、
頑張れる気持ちになることもありますよね。

家庭や育児に手厚いのはどうしてなの?

4月 20th, 2015

teatui小さな子供がいても、
職場復帰をしよう。

としている看護師さんには、
いろいろな優遇措置が取られていることが
多いって知っていますか?

 

小さな子供たちはいつ病気をしてしまうか、
分かりませんよね。

突発的な病気などの時には、
お休みをしても勤務を交代してもらいやすい。
という状況は多くあります。

 

また、保育所や幼稚園の行事、
学校の行事などでも、休暇を貰いやすい。
という特徴もあります。

子どもが小学校低学年くらいまでは夜勤免除、
クリスマスなどのイベントの時には優先的に休ませてもらうことが出来るなど、
最近では子育てママ看護師に手厚いサポートをしている病院は、とても多くなってきています。

 

このように、子育て中のママ看護師に対して
手厚いサポートをするようになった背景には、
看護師不足が深刻化しているからとも言えます。

もともと女性が多い看護職は、
結婚や出産などによって離職をする人が多くいます。

 

仕事自体はやりたいけど、
家事ができない、
育児が出来ない状況は困る。

というのがその理由でした。

 

なら、家事が出来るようにサポートをしよう。
育児がしやすいように託児施設を作り、
手厚いサポートをして仕事と育児の両立がしやすい状況を作ろう。

と病院側が動いて、
今のような状況になっています。

 

せっかくですから、ママ看護師が復職するときには、
このような状況を利用して、働くときにはしっかりと病院に貢献する。
というスタイルをとるのがいいのですよね!

託児有だけで病院を選ぶのはちょっと問題アリ

4月 20th, 2015

mondai託児所があることで安心して再就職する。

という看護師の中には、
実際に託児所があることだけを確認して、
内容についてはあまりチェックしていなかった。

 

という人も実は多いそうです。

 

託児所によっては、利用する条件があったり、
定員がいっぱいで入れない。
ということも実際にあるようです。

また、託児所があるというだけで病院を選ぶと、
自分の希望とは大きく異なる仕事だった。
ということもあります。

 

とくに総合病院はさまざまな診療科があります。
診療科が違えば仕事も大きく異なりますし、
就業時間にも差が出てくることがあります。

託児施設があるからと安心していても、
家庭や育児との両立が出来ないくらい、仕事に忙殺される。
ということも、決してありえないわけではないんですよ。

 

託児がある病院に再就職する場合でも、
診療科目はどこなのか、仕事の内容はどのようになるのか。

勤務時間について、休日についてなど、
しっかりとチェックする必要がある項目は
多岐にわたります。

 

でも、それらを一人で
一つ一つチェックするといいうのは、
とても大変ですよね。

でも、これらをチェックするのを
手伝ってくれるサービスというのがあります。
それが転職サイトです。

 

自分の条件に合った職場を探してくれるだけではなく、
無理なく働くことが出来るのかなど
、一緒になって考えてくれます。

託児施設の状況などもチェックしながら、
本当の意味で自分に合っている職場さがしをすることが出来ますよ。

託児有の病院に再就職するなら転職サイトが便利

4月 20th, 2015

saito子育て中のママ看護師にとって、
仕事をするにあたり最も気になるのが、
子どもの預け先ですよね。

小さな子供はもちろんですが、
小学生でも低学年くらいでは、
預け先がないと心配。

 

という看護師さんも多くいます。

 

そこで、再就職先を探すときには、
託児施設がある病院を選びたい。

と考える人が増えますが、
ここで問題になるのが、
その託児施設がどのような状況なのか。

 

ということです。

 

このようなリサーチもしっかりとしながら、
転職先を紹介してくれるのが、
看護師専門の転職サイトになります。

担当のコンサルタントが付いて、
自分の条件に合った職場をしっかりと探してくれますよ。
転職サイトの利用料は無料です。

 

託児所と一言でいっても、
実はいろいろなタイプのものがあります。

院内託児所と言っても、
どこも同じではないんです。

 

例えば、未就学児しか預かってもらえない、
夜間や休日は対応していない。
という場合もあります。

 

託児にかかる費用についても、
病院によって様々です。

1万円程度の費用で託児所を利用することが出来るケースがあったり、
3万円程度の費用負担が必要というところもあります。

 

院内には託児施設がなく、
近隣に委託をしているとう病院もありますよ。

夕方からは児童指導員が来て、
小学生も預けられるといった学童スタイルの
託児室があるというような病院もあります。

 

このような細かな部分も、
転職サイトを利用することでチェックすることが出来ますよ。

一般には公開されない
、非公開求人もチェックできるので、
ぜひ利用してみてくださいね。

院内託児所にはチェックしたいこともあります

4月 20th, 2015

cheku看護師の年収というのは、
一般的な企業に勤務する同年代の方に比べると、
高めと言われていますよね。

そのため、保育所に子どもを預けようと思うと、
思いのほか高額の保育料が必要になることがあります。

 

それに比べて、
看護師の職場である病院内に設置されている託児所の場合には、
費用が安く済む。というメリットがあります。

この金銭面の負担の少なさというのは、
かなり嬉しいですよね。

 

看護師の仕事は精神的にも肉体的にも負担が高く、
通勤にはなるべく時間をかけたくないのが本音です。

でも、子どもを預けるために保育所に寄り道。
となると、必然的に通勤に時間がかかることになります。

 

院内保育所であれば、
送り迎えのために寄り道をするということがありませんので、
この点でも楽ですよね。

院内託児所がある病院は、
子育て中の看護師に理解をしてくれている。
というところが多くなっています。

 

子どもの病気や行事などの時に、
いろいろと配慮してもらうことが出来る可能性はとても高いですよね。

ただ、注意も必要です。
託児所があるんだから、残業を少しくらいしても大丈夫でしょ?
という風潮がないわけではありません。

 

また、託児施設ありとだけ記載があり、
実際に預けようと思ったら病院内ではなく
近隣の違う場所にあったということもあります。

すべての託児施設がある病院が、院内託児所である。
という訳ではありませんので、
どうしても院内託児所でなければ気になるという方は、
よく確認する必要はありそうです。

院内託児所にどうして子供を預けるの?

4月 20th, 2015

takuji院内託児所に子ども預けている看護師に、
どうして子供を院内託児所に預けているの?

と尋ねてみると、
その多くが何かあった場合には
すぐに駆けつけることが出来るから。

 

という理由を上げる人もいます。

 

子どもはまだ免疫力も少なく、
抵抗力も少ないため、保育園などに預けると、
しばらくの間はすぐ病気をしてしまったり体調不良を起こす。

とよく言われていますよね。

 

今までは家庭で守られた環境にいたのに、
沢山の子どもたちと生活をすることで、
今まで体験したことがない細菌感染やウィルス感染などの心配があります。

成長する中で避けることはできませんが、
調子を崩してしまったときに、
遠い保育所に預けていてはすぐに駆けつけられません。

 

やはり、看護師だってお母さんですから、
わが子の体調不良時には、
駆けつけてぎゅっと抱きしめてあげたいですよね。

 

仕事をする上で、
どうしても一般的な託児所や保育所では
対応できない時間帯があるから。

ということを理由にする人もいます。

 

病院、特に入院施設がある総合病院などは、
24時間体制で働くことになります。

夜間などは預け先がないと働くことが出来ませんが、
院内保育所であれば安心して預けられる。
と思っている看護師も多いですよね。

 

夜間は子どもたちも寝ているので、
休憩時間にわが子の寝顔を見に行くことが出来るというのも、
メリットです。

どうして病院内に託児所を作ってまで看護師を募集するの?

4月 20th, 2015

 

naze子育て中のママ看護師にとって、
子どもを預けている保育施設に関する悩みというのは、
とても多いですよね。

勤務を早く終わらせて、
時間内に子供を迎えに行く。
というのは、意外に大変な事です。

 

職場もお迎え時間に配慮をしなければなりません。
もともと病院には託児施設があるというところはありましたが、
決して多かったわけではないので、このような配慮が必要だったんです。

それでも、昔は保育施設自体に余裕があり、
病院の近くの保育所などを比較的簡単に利用することが出来きましたが、
少子化や不景気、増税などの影響で、託児施設が足りない状況です。

 

預けようにも、近い場所には預けられない。
託児費用は高い。
こうなると、働いても仕方がないと思う看護師も多くなりますよね。

看護師はもともと人材不足気味で、
子育て中のママ看護師にも復職をしてもらいたい。

 

病院側としては、この保育という部分に着目して、
病院が施設を作り、託児費用を負担すると言った方法で、
子育て中のママ看護師に有利な状況で復職してもらおう。

ということで、院内託児所が増えてきています。

 

その内容自体も充実を図っている
というところは多くなってきていますよ。

子どもの送り迎えの負担も少なく、
託児費用も低価格で利用することが出来るので、
子育て中のママ看護師も安心して仕事に取り組むことが出来ますよね。

院内託児所にはメリットがいっぱいってホント?

4月 20th, 2015

 

 

meritto小さな子供がいる看護師にとって、
託児所ありの仕事場というのは
かなりありがたいですよね。

普通、託児施設に子どもを預けると、
一日あたり三千円~五千円程度は
必要になります。

 

せっかく働いたとしても、
収入の大半が託児費用に充てられてしまうような気持に、
ちょっとがっかりしますよね。

でも、院内託児所の場合には、
一日あたり千円かからない程度で利用することが出来ます。

 

これは院内託児所が病院の福利厚生の一環だからです。

子育て中の看護師でも、
安心して働いてもらうことが出来るように、
病院側が用意してくれているんですよ。

 

院内託児所は、
日極ではなく月極めでも利用することが出来ます。

公立の保育所に比べてもかなり安価な利用料金で良い。
という病院がとても多いのが嬉しいですよね。

 

別の保育所に子どもを預けるのに比べても、
院内託児所はわざわざ保育施設に送り迎えをする必要がない。
というメリットもありますよね。

預けようと思っても、通勤経路にある保育所は満員、
わざわざ遠くの保育所に預けて・・・となると、
交通費も必要になりますよね。

 

同じ病院施設内に子どもがいてくれるというのも、
嬉しいことです。

託児所付き病院ナースの残業乗切術

2月 2nd, 2015

急な残業は頻繁にあるの?

jegaiweag
病院に勤めている看護師が出産し、
子供を託児所に預けて仕事をしている場合、

通常は就業時間後の決められた時刻に
子供を引き取りに行かなくてはなりません。

 

ですが仕事の性質上、急患が発生した場合や
看護日誌の記述作業など、

その場ですぐに
終わらせなくてはならない仕事が発生し、
残業になることがあります。

 

そのような場合は託児所に連絡し、
子供の引き取りが遅れる旨を連絡しなければなりません。

頻繁にこのようなことが発生するのでは、
保育士さんに迷惑がかかりますし、
余計な保育料の追加が発生することも懸念されます。

 

まずは上司に相談!

対処方法の1つとして、普段から上司と相談し、
育児中であることを
よく理解してもらう必要があります。

その上で、なるべく定時に帰宅させてもらえるように、
交替要員を考えてもらうなど配慮してくれる様、
お願いしておくべきです。

 

また、院内併設の託児施設利用か
外部の託児施設利用かによって、
かなり保育士さんの理解度が違っています。

院内の施設の方が、より看護師の仕事状況に対し
理解があり、残業に対しても気持ちよく
対応してくれやすい傾向にあります。

 

また、どうしても託児施設を利用出来ないことが
発生する可能性があるなら、

普段から自分の両親や親戚など、
子供を預かってくれそうな人との
話し合いをしておくと急な場合も安心です。

 

職場選びを慎重に行う

lekanbewa
育児中で子供を託児所に預けながら
看護師という仕事をしている
といった人も多いでしょう。

周囲の理解が必要となってくるので、
残業がないといった病院を選択した方が
働きやすい
といえるでしょう。

 

そのような病院を選択しなかった場合や
周囲の理解が乏しい場合などは、
育児中でも残業することは有り得るといえるでしょう。

そんな大変な職場で働かないためにも、
職場選びから慎重に行っていく必要があります。

 

最初から育児中の人に配慮された病院は多くあります。
このような病院ですと、決まった時間で
帰れるといったことがほとんどですので、
家庭とも両立しやすいといえるでしょう。
病院 託児所

配慮のある職場も増えています

育児中の看護師が多い職場を選ぶと、
経験者がいるので時間外勤務のことも
配慮してくれることが多い
でしょう。

子供の急な発熱などのときに
いろいろと対応してくれるかもしれません。

 

今は育児中の人が働く場合、
さまざまな配慮をしてもらえるといったことも
多くなりました。

しかし、あまり育児中の人への理解が
積極的でないといったところもあります。

 

ですので、配慮してもらえない病院だった場合、
転職も視野にいれて考えなければ
ならないかもしれません。

家庭と両立させていくためには、
職場での育児中の人への
最初からの配慮も必要となってきます。